MOMからのお知らせ、及びCOVID-19に関する最新情報

April 3, 2020

 

すっかり春らしくなって、街には花が溢れ出しました。あちこちに咲く桜も美しいですね。

残念なことは、COVID-19の感染の拡大はまだ終息も見えず、私達の生活は大きく制限されたまままの状態であることです。お仕事を解雇された方、できなくなった方も多くおられるでしょう。

EIのサポートがある仕事なら、通常より早くサポートが受けられるように政府も努力しているようですが、EIに加入していない仕事の方、自営業の方はより不安なことと思います。

私自身も自営でMOMの活動をしておりますが、3月以降は緊急時の対応以外は活動できず、90%減収の状態で、来月の生活に不安を持っています。おそらく多くの人々がこのような体験をするのは初めてであり、見えない敵との戦いが長引けば長引くほど自分自身を冷静に、また前向きに保つのが難しいのではないかと、私自身もそうであるように、多くの皆様の思いを推察しております。

日々新しい情報が更新されますが、まだ今現在では未来に希望的予測が見えませんが、人類の長い歴史の中で、人間は何度も未曾有の災害や病の感染にぶつかってきました。中には30%以上の方が亡くなってしまうような恐ろしい病もありました。が、しかし、常に人類は立ち向かい、それらを克服して今の時代を築いてきました。きっとこの大きな世界的問題も、必ず克服のときは来ると信じて、互いを励ましあいながら進んでゆきましょう。

 

4月になりましたが、残念ながらまだ感染防止のための多くの措置は解除されません。延期されております出産準備クラス3月コースも4/9からの開催を予定しておりましたが、こちらも一旦、休止とさせていただきます。このコースの参加者は6月以降ご出産の方ですので、状況が改善されましたら4~5月中に集中講義で開催を検討いたしますが、今後の状況によっては、一部、もしくは全講義をオンラインで行うことも検討しております。また追って、参加申込者の皆様には連絡したいと思います。

 

5月コースの参加者の方の予定はまだ現況のままですが、こちらも追ってまた連絡をいたします。

 

すべての参加者、お母様方の妊娠中、出産、産後の、育児等の質問は毎日受けておりますのでお気軽にテキスト778-862-8539,E-mail momwestcanada@hotmail.com

、LINE ID : momshelly までいつでも気軽にご連絡ください。

 

産後訪問指導、乳腺トラブルの場合の出張はEmergencyに限って対応しております。

 

 

 

多くの方が精神的に疲弊している今ですが、自己中心に考えず、他者に思いやりの心を持ち、冷静に情報を受け取り、行動してください。SNSなどで広まるデマ情報に惑わされず、それぞれの国の保険省が提供している正確な情報を確認しましょう。

 

https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection.html

 

また、政府が各種の支援策をあげていますので、そちらの情報も随時更新されていますので確認してください。

政府の支援を名乗ったSPAMメールやテキストが多く出ています。厳重に注意してください。

 

今は別の場所に住んでいる友人、親戚、ご実家などを訪問するのも我慢してください。

 

ウイルスはときに劇症化します。軽微な症状の場合と、急激に劇症化する境界線がわからない状態です。昨今、多くの10代、20代の感染も増加し、乳幼児も感染も報告されています。また死亡例も出ています。若いから、子供だから、と過信してはいけません。

以下に最新の予防方法や消毒の方法などをご紹介しますので参考にしていただけると嬉しいです。

 

1.    不要な外出は避け、人混みにはできるだけ行かない。買い物などは短時間ですむようにリストを作って行く。できるだけ買い物は家族のうちのひとりがでかけてください。シングルペアレントのご家庭は、お子様を家に残せないので、連れて行かねばなりませんが、できるだけ短時間で買い物できるようにしましょう。可能なら宅配を選択してください。

 

2.    購入した商品は片付ける前に、ボトルや缶など洗えるものは石鹸で洗い、箱類は、オキシフル、アルコール、石鹸水、次亜塩素酸水(塩素系ブリーチを薄めたもの)などで拭いてから、片付けましょう。野菜はよく洗い、食品類はできる限り火を通した調理をしてください。

 

3.    消毒にはいろいろな方法がありますが、体、手指などは石鹸でよく洗いましょう。野菜などは専用石鹸で洗いましょう。最低でも60%以上のアルコールは手指消毒、机、家具、ドアノブなどの拭き取り消毒に有効です。オキシフル(Hydorogen)は傷の消毒などで使う他に、物の拭き取り消毒、衣類にかける、などにも使えますが、タンパク質系色素を落とす場合があるので注意してください。服類の洗濯は普通の洗濯石鹸で問題ありません。次亜塩素水は一般に売られているブリーチを使って作ります。塩素系です、英語ではsodium hypochloriteといいます。器具や嘔吐等で汚れた衣類などは、例えば7.5%ブリーチでしたら2%の濃度で作った水溶液に10分浸したあとよく洗って乾かします。濃度については市販のブリーチによってsodium hypochloriteの濃度が異なるので確認しましょう。皮膚、生き物、食品、植物木製品には使用しないでください。色落ちしますので使用するものには十分注意してください、また皮膚に触れると危険ですから、使用時は手袋をすること、こどもの手の触れるものには使用しないでください。子供の手の届かないところに管理しますが、消毒液は作ってから24時間で効力が落ちますので、使用するぶんだけ作ってください。またブリーチにも使用有効期限がありますのでボトルを確認してください。万が一、皮膚についたときは大量の水で直ちに洗い流してください。ドアノブや無孔の金属表面、シンクなどを拭くのに使用します。液を噴霧し、5分以上たってから拭き取ってください。sodium hypochloriteの割合と消毒液の作り方は下記HPを参考にしてください。

 

https://www.canr.msu.edu/news/covid-19-disinfecting-with-bleach

 

 

 

4.    手洗いを徹底的に。石鹸でよく洗うことでウィルスは落とせます。家に帰ったら手洗いをして、ドアノブなどをこまめに拭きましょう。顔も洗ってください。70%以上のアルコールは有効で、手指や身の回りのものの消毒に適しています。きれいにする前の手で顔を触らないように。うがいも忘れずに。(うがいできない小さな子には授乳や水分を飲ませて喉についた雑菌を胃に落とすようにしましょう。)シャワーは毎日、服は洗濯でウィルスを落とせます。マスクはしっかり鼻と口を覆います。取り外す時は紐を持って、マスク表面を触らないように、捨てる時は内側を表に折って(汚れた面を中に)密閉袋などに捨ててください。

 

5.    風邪などの症状、咳、倦怠感、微熱、発熱、下痢、嘔吐などあったら、外出を控え、マスクをつけ、家族とは別室で休み、食事も一緒に取らないように。できるだけ接触を避けてください。家の中のドアノブやスイッチ、共有部分などもこまめに拭いてください。くしゃみや咳が出る場合は上腕で口を覆うこと。下痢や嘔吐の症状がある場合、トイレや床などが汚染された場合は次亜塩素酸ナトリウム(市販されている塩素系漂白剤等はこれにあたります、1,000ppm)、またはアルコール(70%)による清拭をすることを推奨します。清掃時はマスク、手袋を使用してください。患者さんが使ったゴミは袋に密閉して捨ててください。複数お住まいのご家庭では接触する人数を抑えるためお世話する家族以外はできるだけ接触を避けてください。また同居のご家族もできるだけ外出と他者との接触はしないようにしてください。

 

6.    外出先でも、エスカレーターの手すり、電車の吊り革やバー、エレベータースイッチ、ドアノブなどが感染源になっていますので、それらに触れないようにするか、触れたあとはすぐ手を洗いましょう。ハンドサニタライザー(アルコール分70%以上のもの)で手をきれいに拭きましょう。使い捨てのグローブ(手袋)を利用するのも良いと思います。グローブを脱ぐとき、裏返しにして、グローブ表面に触れないようにして脱いで捨ててください。

 

7.    コロナウィルスは70度以上の熱に弱いこともわかっています。WHOからの一般的な注意として、生あるいは加熱不十分な動物の肉・肉製品の消費を避けること、それらの取り扱い・調理の際には注意してください。

 

8.    感染が疑われる場合は、まず811に相談し、指示に従ってください。

 

お子さんのおられるご家庭は家にこもって退屈な時間をどう過ごそうかと困っておられると思います。

毎日なにかテーマを決めると良いかもしれませんね。例えば、月曜日はお菓子作りの日、火曜日はコスプレの日(子供はママやパパの服やアクセサリーに興味津々です)水曜日は部屋中に紙を広げてお絵かき落書きの日、木曜日は歌って踊る日(Youtubeを活用して )、金曜日は本をいっぱい読む日、などなどお子さんの年齢興味に合わせて思いっきり遊んでしまいましょう。つらい時期だけど、言い換えれば家族がこんなに密接に時間をともに過ごせる時は、とても貴重なときかもしれませんよ。もちろん晴れた時は外の空気を吸いましょう。庭や近所を歩くだけでも十分です。普段気にしない草の下、木々のてっぺん、庭の隅っこ、屋根の上、道路の名前、あえてゆっくり目を落として冒険、探検してください。おにぎりやサンドイッチを作って、テラスで風を感じながら、ミニミニピクニック気分も良いと思います。

 

子供が大きくなってしまうと、うちの子供は自室にこもってPCやゲームに夢中です。でも一緒にニュースを見ながら、色々今までき気にしてこなかったような、世界の問題に目を向け、話し合うのも良いと思います。

 

こんなときに、ずっと片付けられなかったものを片付けられたら良いのでしょうが、(そうされておられるかたもたくさんいらっしゃるでしょう)私は、片付けるべきものがあるのに、だらだらしてしまっています。ダメ人間です。

 

一日も早い終息を願います。早く皆さんの明るい笑顔が、赤ちゃんたちのお顔がみたいです。

今年もMOMの活動を頑張って続けてまいります。

皆様のご支援よろしくお願いします。

 

MOM FAMILY SUPPORT

e-mail momwestcanada@hotmail.com

HP : www.canadamombaby.com

 

 

なお、このメールマガジンのアドレスはマガジン配布専用です。

お問い合わせなどはすべて

momwestcanada@hotmail.com におねがいします。

 

Shelly LeonでFacebookもございます。各種情報を公開しています。以下のTwitterもご覧ください。MOMのHPには育児や妊娠ライフなど有用な情報がたくさんありますのでぜひ御覧ください。

--

 

Michelle Leon

MOM Family Support

 

 

http://www.canadamombaby.com/

https://twitter.com/MOM1best

momwestcanada@hotmail.com

Please reload

お知らせ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload

Please reload